MENU

閑静な街並みと歴史ある学びの地:阿倍野 文の里

阿倍野 文の里 Abeno Fuminosato:閑静な街並みと歴史ある学びの地

穏やかな空気感に包まれる、都心に残された静穏な住宅地。

趣きある美しい佇まいは、
古くから著名人に愛されてきた街並み。

平安時代には熊野詣での街道として栄えたこの土地は、明治時代に入って大阪鉄道「天王寺」駅が開業。都市化が進んで、長者ヶ崎や和楽園など著名人の邸宅が建ち並ぶ屋敷町へと変化を遂げました。さらに大正から昭和初期にかけて、住宅地として碁盤目状に整備され、今の美しい街並みができあがったのです。

都心にありながら、
緩やかな時間が流れる静穏の地。

この土地を愛した人々によって育まれてきた上質な佇まい。南北を走る幹線道路「あびこ筋」の賑わいとは一線を画す穏やかな空気感。近くには、花桃や桜の名所としても知られる桃ヶ池公園もあります。

大阪市内の有名校が集う、由緒ある文教エリア。

「文の里」という地名は、明治初期に師範学校が開校したのを機に、市内でも多くの学校施設が集まったことに由来しています。今では9件もの小・中・高校、幼稚園が点在。長年にわたって培われた学問の薫り高い風土は、子どもたちの健やかな育ちを支えてくれます。

この街の実績紹介

メインコンテンツに戻る
ページの先頭へ