MENU

HOME > この街に住まう > 草津 > 風情ある宿場町の佇まい

風情ある宿場町の佇まい:草津

草津 Kusatsu:風情ある宿場町の佇まい

歴史ある街道沿いのおだやかな地は、時のながれもどこかやさしい。

草津宿本陣

東海道のなかで唯一、当時の面影を今にのこす「草津宿本陣」。

かつては大名や旗本などの要人が宿泊し、旅の疲れを癒やした「草津宿本陣」は、平成の大修理を経て、当時の姿を今に残しています。そこには、浅野内匠頭や吉良上野介の名前が連なる大福帳や多くの関札が現存し、江戸時代の雰囲気を甦らせた施設が点在。有形文化財として登録されている町家建築も軒を連ねるなど、風情ある街並みが続いています。

伊砂砂神社

かつて旅人を癒やした土地のもつ魅力。由緒ある神社や緑豊かな杜へ。

古くから「おもてなし」の心を受け継ぐこの地には、人々を惹きつける佇まいがあります。
たとえば、旧中山道沿いに鎮座する「伊砂砂神社」。本殿は国の重要文化財で。気立てがよく健康、長寿で知られる石長比売命を祭神として多くの信仰を集めています。
また、「光明寺」では、お茶満喫会や音楽会が定期的に催されています。

メインコンテンツに戻る
ページの先頭へ